キャッシング アルバイト

アルバイトは正社員に比べて収入が低いですので、キャッシングなどできないと考えておられる方がいるかもしれません。しかし、そのような認識は誤りであり、消費者金融がアルバイトというだけでキャッシングを断るなどと言うことはあり得ません。

しかし、それなりの審査があることも事実であり、正社員に比べて借りにくいということは否定できません。

 

審査に当たっては、まず、安定的な収入があるかどうかという点が問われます。返す見込みを審査するわけですから、これは当然のことでしょう。アルバイトであっても、継続的に働いているような場合には通りやすくなります。

 

審査では、次に、健康保険の種類が問われます。アルバイトであれば国民年金ということになると思いますが、これは評価としては最低ということになり、この点だけを見れば厳しいことは否めません。

 

最後に、クレジットヒストリーも審査に際して問われます。クレジットヒストリーとは借りた履歴のことですが、過去に借りて返した人の方が、過去に借りたことのない人よりは審査が通りやすいです。もっとも、借りて返さなかった人や、何社からもすでに借りているような人は審査が通りにくいです。

 

このようにそれなりの審査がありますが、アルバイトでも、継続的な雇用をされていれば借りやすいとは言えます。消費者金融はホームページ上で仮審査というサービスを提供していますので、これで調べれば、だいたい借りられるかどうか分かります。